会員数:100,925人(2019年7月29日現在)
HOME
同窓会について
各地甲南会
一覧
北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州・沖縄
海外
新着情報
甲南多士済々
甲南今昔
お問合わせ
住所変更届
閉じる

同窓会事務局

オール甲南の集い2018 盛大に開催

2018.12.10

 甲南卒業生と現役生が交流のひと時を楽しむ2018年度の「オール甲南の集い」が10月21日、秋晴れの空の下、岡本キャンパスのiCommons(アイコモンズ)を会場に開かれ、約1150人の来場でにぎわいました。今年のテーマは「REBORN 61!」(リボーン61!)。昨年で設立60周年を迎えた大学同窓会の盛り上がりを、来年の甲南学園創立100周年につなげていこうと、さらなる活動の活性化を期して取り組みました。

 この日は、甲友会館でオープニングを告げる「全国甲南会」があり、文化会グリークラブのOBたちによる荘厳な歌声の学園歌で開幕。続いて、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された能楽小鼓方大倉流十六世宗家の大倉源次郎氏(S56文)による囃子(はやし)公演があり、大倉氏の打つ小鼓は、張り詰めた会場の空気に鋭い一閃の音を放ち、幽玄の世界を創出しました。公演後のトークコーナー(聞き手・上北夏味さん=H12法)では、関西人らしい洒落を交えた軽妙な語りで能楽の魅力を紹介し、能楽を目指した甲南時代を懐かしく振り返りました。また、今年新たに誕生した「姫路甲南会」への会旗授与も行われました。

 午後からは、地下1階のiStage(アイステージ)では、サントリーホールディングス(株)代表取締役副会長で、同社第3代マスターブレンダーを務める鳥井信吾氏(S50理)による講演「ウィスキーと私」と試飲会があり、日本のウィスキーの歴史や魅力などを紹介。講演後の試飲会には特製のウィスキーが提供され、来場者らはブレンドや樽の違いによる出来上がりの違いを比べながら、堪能していました。

 また、甲友会館では、宝塚OGによる「スペシャルレビュー」があり、桐さと実さん、優ひかりさんら7人が「ベルサイユのばら」「エリザベート」など人気演目の歌と踊りを披露し、宝塚大劇場さながらに会場を沸かせました。

 法科大学院(7号館)法廷教室では、裁判員裁判制度への理解を深めてもらおうと法科大学院の協力を得て「模擬裁判」も披露されました。渡邊院長のシナリオによる分かりやすい構成で「夫婦げんかによる殺傷事件」を題材に、甲南卒の弁護士や司法修習生らとともに、同窓会の理事たちも出演。緊迫した法廷の様子を分かりやすく再現し、見学者に好評でした。

 そのほか、訪れた家族連れは、射的や輪投げなど子ども向けの縁日屋台や、現役生によるキッズゴルフレッスンコーナー、囲碁将棋部OBによる将棋教室、大階段前での現役生らによる剣道や空手、太鼓、吹奏楽などのパーフォーマンスも楽しみました。

 最後は、大食堂「ヒラオダイニングホール」で全体交流会があり、軽食をとりながら歓談し、現役学生によるジャズ演奏や抽選会を楽しみました。

(広報部)

TOP