会員数:103,280人(2018年6月12日現在)
HOME
同窓会について
各地甲南会
一覧
北海道・東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州・沖縄
海外
新着情報
甲南多士済々
甲南今昔
お問合わせ
住所変更届
閉じる

宝塚甲南会

総会例会報告

2017.05.20

甲南大学同窓会設立60周年記念
宝塚甲南会第19回総会・第37回例会の報告

総会例会報告

宝塚甲南会では、2017年5月20日(土)に、宝塚ホテルにおきまして、第19回総会・第37回例会を開催いたしました。

当日は、学校法人甲南学園副理事長の片山勉様(42経済)、甲南学園創立100周年記念事業募金委員長の小林豊様(43文)をはじめ、大学同窓会会長立野純三様(45法)、経営学部教授渡邊和俊先生(48経営)、共通教育センター准教授武田佳久先生(元経営)にもおいでいただくとともに、大学同窓会本部、北摂甲南会、泉州甲南会、学園本部からも多数の方々にご参加いただきました。また、会員30名のほか、学生12名、特別ゲストとして関西学院同窓会宝塚支部から支部長及び副支部長のお2人にもご参加いただき、大変な盛会となりました。

総会では、2期4年会長を務めていただいた野間元博太郎先輩(35経済)が退任されるに伴って、白石朋康(49経済)が新たに会長に選任され、また、副会長、幹事長及び事務局長も新たな体制に変わりました。そして、決算報告、事業報告、予算、事業計画及び一部会則の改正に関す各議題についても、滞りなく議事が進行し、すべての議題について可決されました。

講演会では、渡邊和俊先生に、「甲南大学の教育改革について」と題してご講演をいただきました。
先生のお話では、長坂悦敬学長が戦略的な大学運営を進めておられ、その中の1つとして「高大接続委員会」を設け、全教員が高校訪問をして、大学全体の説明を行うことで、高校に甲南を理解してもらうとともに、教員においても高校の現状を理解し、学内での情報共有ができるようにされたとのことでした。また、退学率や学生数などについて他大学と比較するなどを行い、甲南の強みを”ミディアムサイズの総合大学”として明確にするなど、様々に的確な施策を行っているとのことでした。そして、現在の状況は、甲南大学にとってかつてないチャンスであり、中長期の上昇気流に乗っているとお話されました。先生には、学内での豊富なご経験から現状をリアルにご説明いただくとともに、母校が掲げている”ミディアムサイズの総合大学”が具体的にどんな仕組みで行われ、学生の満足度がどう向上しているかを説明いただきました。これからの甲南大学がどう変革していくのか、非常に楽しみとなるお話でした。

総会例会報告

懇親会におきましては、参加多数の中、宝塚ホテルのおいしいお料理に舌鼓を打ちながら和やかに楽しい時間を過ごせました。また、参加してくれた学生には、一言ずつ挨拶をしてもらい、現在の甲南の学生生活を知ることができました。

短い時間でしたが、大変有意義に過ごすことができました。お出でいただいた方々には、改めてお礼申し上げるとともに、白石新会長のもと、2019年に迎える宝塚甲南会20周年を目指して、会の活性化に努めていきたいと思いますので、今後とも、宝塚甲南会をよろしくお願いいたします。

総会例会報告

 

TOP